勉強不足で至らんブログ

勉強不足ですが、何か発信できればと思っています。

gitコマンド備忘録

先日、研究室の後輩たちにgitの初心者講座をしたときのコマンド等を書き残しておこうかと…

 

また、今回はgitの説明は省きます。コマンドの備忘録なので、gitについて知りたい方は

Gitを使ったバージョン管理【Gitの基本】 | サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ

または

マンガでわかるGit 第一話「Gitってなあに?」

を参照してください。

 

今回、gitのクライアントとしては

MacOS → ターミナル

Windows → git bash

を想定しています。

まず、bashの必要最低限のコマンドから書き残します。< >での記述がありますが必要に応じて変更してください。

例 : cd <フォルダ名> → cd Desktop = デスクトップへ移動

-フォルダ名の場所へ移動 

cd <フォルダ名> 

-現在自分がいる階層の一覧を見る(ファイルやフォルダの確認ができます)

ls

-現在の階層のパス

pwd

-フォルダを作る

mkdir <フォルダ名>

-ファイルを作成

touch <ファイル名>

        

以上のコマンドを覚えると、コマンドでの操作がしやすくなります。

 

さて、本題のgitです。

-現在の階層にリポジトリを作成

git init

-インデックスに<ファイル名>追加

git add <ファイル名> 

-インデックスに全てのファイルを追加

git add * 

-リポジトリに記録する

git commit 

-コメントをつけてリポジトリに追加する

git commit -m "<コメント>"

-切り替え操作

git checkout <切り替え先>

-ブランチを切り替える

git checkout <ブランチ名> 

-コミットを切り替える

git checkout  <コミットの識別番号> 

-現在の階層のリポジトリの状態を得る 変更したファイル等がわかる

git status 

- ブランチのログが見れる

git log

-多少グラフィカルにログが見れる

git log --graph 

-自分が行ったgitの操作のログ

git reflog 

-ローカルブランチの一覧を取得

git branch 

-リモートブランチを含めた一覧を取得

git branch -a 

-ブランチの結合を行う

git merge 

-リモートのリポジトリを設定

git remote add <name> <url> 

-リモートのリポジトリを設定し、リモートの内容をローカルにコピーする

git clone <url> 

-リモートへローカルの内容を送信する

git push <remote name> <local branch>:<remote branch>  

-リモートの内容をローカルに受信して、結合を行う

git pull <remote name> <local branch>:<remote name>

 

ざっと…以上です。何かあればツッコンでくれると嬉しいです。