勉強不足で至らんブログ

勉強不足ですが、何か発信できればと思っています。

UnityEditor拡張 指定した拡張子のAssetを削除する

さて、UnityEditor拡張をする機会があったため残しておこうかと
 
今回は、指定した拡張子のAssetの削除をEditor拡張で行います。
 
早速ですが、以下がソースコードです。
 
using UnityEngine;
using UnityEditor;
using System.IO;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
 
 //UnityEditor上でWindowを表示するためEditorWindowクラスを継承します。
public class DeleteResource : EditorWindow {
 
     public static List<string> log;
 
     [MenuItem("Assets/Delete Resource Asset")]
     //EditorでDelete Resource Assetを選択するとProcess()が呼ばれます。
     static void Process(){
         log = new List<string> ();
//削除したい拡張子を指定します。   string[] searchTarget = {".prefab", ".cs"};   EditorWindow.GetWindow<DeleteResource>();  
//削除したいフォルダまでのパスを指定します。   string folderPath = Application.dataPath + "/Resources/DeleteAsset";
//フォルダがあるか確認します。   if(!Directory.Exists(folderPath)){
log.Add("folder is missing");   return;   }  
//フォルダにあるファイルを一括で取得します。   string[] files = Directory.GetFiles (folderPath);   foreach(string filePath in files){   foreach(string search in searchTarget){   if(search.Equals(System.IO.Path.GetExtension(filePath))){   File.SetAttributes (filePath, FileAttributes.Normal);   File.Delete (filePath);
//Assetの変更を適応する。
AssetDatabase.Refresh();
//削除したファイルをWindowに表示するためListに追加します。   log.Add(filePath);   }   }   }     }     void OnGUI(){   if(log != null){   if(log.Count != 0){   foreach(string l in log){
//Windowに文字を表示します。   EditorGUILayout.LabelField (l);   }   }   }   }   }
 
まず、Assetsフォルダ配下にEditorフォルダを作成して、DeleteResource.csを作り上記のソースコードを記述してください。また、Resourcesフォルダを作成して配下にDeleteAssetフォルダも作成してください。

f:id:MakeTake:20160410115523p:plain

 

そして、DeleteAssetフォルダに今回は.prefabと.csを削除するため、削除するAssetを作成しましょう。

f:id:MakeTake:20160410115544p:plain

 

そして、早速削除しちゃいましょう。UnityEditorのメニューバーのAssetsの配下にDelete Resource Assetが現れていると思います。

f:id:MakeTake:20160410115633p:plain

 

クリックしましょう。

 

新たにWindowが出てきましたか?

 

f:id:MakeTake:20160410163203p:plain

削除したAssetのPathが表示されて、Assetがきちんと消えましたか?消えたら成功です。

 

以上がUnityEditor拡張で指定した拡張子のAssetを削除する方法です。

UnityEditor拡張は何かと便利に使える可能性を感じれたので、今後も触っていこうと思います。