勉強不足で至らんブログ

勉強不足ですが、何か発信できればと思っています。

UnityでFirebaseのRealtime Databaseで位置同期検証してみた

Firebaseでキャラクター同期して遊べるゲームの検証

昨今UnityでもCrashlyticsやAnalyticsも内包しているFirebase使ってみようかなと思ったのがきっかけです。 特にFirebaseのRealtime Databaseを使うとFirebaseで値を保持してすぐにクライアントと同期してくれるというので試してみました。Firebaseはリアルタイムに同期するゲームには向いていないという意見をよくみてなんでだろう?と思ったので検証しました。

自分はサーバー側がわからなければFirebaseも初めて触っているので当たり前のことでもわからないため動かしました。

動かした結果は以下のツイートの動画になります。FirebaseのRealtime Databaseを使えるプロジェクトを用意してEditorで動かしました。位置は毎フレーム同期させています。

右のEditorのキャラクターの位置がすぐに左に反映されているのがわかると思います。 この結果だけみると「意外といけるのでは?」と思っていました。 しかし、Realtime Databaseには無料枠だと制限があります。

f:id:MakeTake:20200108105532p:plain

Firebaseから情報をダウンロードするのに月10GBの制限があるのですが、2つのクライアントから数分動かしただけで27.3MBかかっています。これが人数が増える or 情報が多くなるとものの数日や数時間で10GBに到達してしまいます。従量課金制のプランにすれば上限なしでかかった分だけ払えばいいのですが一旦無料でいけるところまでやりたいので今回は検証結果をまとめるだけまとめてスルーしておこうと思います。

次はMirrorでも試してみようかと思っています。 github.com